2017/01/18
第6回トレジャーリング会津若松ミニバスクリニック
クリニックレポート

 2017年1月7、8日の2日間、会津若松市へ行ってきました。

 1〜6年生まで200人を超える選手たちが集まってくれました。今年で6回目となりますが、1回目、2回目の選手が多い中、4回目という選手もいました。初めて参加というち低学年の選手も多かったので、トリプルスレットなどの基本姿勢はどうかな?難しいかな?と少々心配になりながらスタートしましたが、そんな心配はどこへやら。みんな上手!各チームの指導者の方々が日頃の練習の中で、きっちり指導してくださっているのがわかりました。日々のコツコツ努力の成果を目の当たりにしました。

 会津ミニバス連盟の方々、保護者の方々を始めとした多くの関係者の皆様のご尽力に感謝する2日間となりました。

 

 

今回のスケジュール

1月7日(土)

13:00〜開講式

メインコート サブコート 研修室(保護者)
13:15~14:00 トレーナー指導 4〜5年生
メディカルチェック
14:10〜15:30 コーチ指導 栄養講習会
15:30〜16:30 ストレッチ講習 1〜3年生エコー検査 医科学講習会
16:30〜17:00 サイン会

1月8日(日)

9:30〜 9:50 トレーナー指導
10:00〜12:00 コーチ指導
14:10〜15:30 コーチ指導
12:00〜 閉講式

 

指導内容

1月7日(土)

<トレーナー指導>

  • 1. アイスブレイク:勝ち抜きじゃんけん(子供3人、大人1人)
  • 2. トリプルスレット
  • 3. ジャンプ:リズム、回転ジャンプ(3人組)(回転して両手タッチ・あちこちタッチ)
  • 4. ケンケン・パ(片足ホップからジャンプストップ)
  • 5. ラン&ストップ(正面、横)

<コーチ指導・基本編>

  • 1. 2人1組 トリプルスレットポジション〜ボール取りゲーム
  • 2. 2人1組 トリプルスレットポジション〜ハンドリングパス
    1)頭、お腹、足ハンドリング→チェストパス
    2)脚周り8の字→チェストパス
    3)パワードリブル→ワンハンドパス
  • 3. ピボット5動作
  • 4. ドライブドリル
    オープンステップ、クロスステップ
  • 5. だるまさんが転んだ ドリブル〜ストップ
  • 6. ュート競争

1月8日(日)

<トレーナー指導>

  • 1. アイスブレイク(大人5人に「おはようございます」と握手する)
  • 2. トリプルスレット確認(復習)
  • 3. スライド

<コーチ指導・基本編>

  • 1. 2人組 MAXドリブル(2ボール、二種類)
  • 2. 2人組 ドリブルタッチ(その場、サイドからサイドへムーブ)
  • 3. 3人一組 パス&ディフェンス
  • 4. ミート→ドライブ、レイアップシュート
    ・ジャンプストップからディフェンスの出ている足を見てドライブ
    ・オープンステップとクロスステップ
  • 5. ゴール下アラウンドシュート
  • 6. 1on1(1日目2日目のファンダメンタルと使って1on1)
    ・ミート~トリプルスレッド
    ・ルール:ディフェンスはオフェンスに触れる距離まで出る
    ・キャッチ&フェイス

 

 

コーチコメント

<ビューコーチ>

6年目の会津若松でした。私もご縁があり5回目になるかと思います。

今回は初めて参加する子ども達も半分程いたようですがトリプルスレッドの姿勢をとってもらったときに非常に精度が高く驚きました。これは一重に日頃の練習の賜物だと思います。

しかしながら実際の動きになってくると姿勢が崩れてしまうこともありました。でもそもそもの正しい姿勢が分かること正しい姿勢が取れるということなくして動きの中での姿勢の確保は望めないと思います。

また質問コーナーでも沢山手があがったこととても素晴らしいと思いました。あれだけ大勢(200人以上)の前で質問することはかなりの勇気が必要です。会津の子ども達のこれからがますます楽しみです。ありがとうございました。

 

<レイコーチ>

会津若松で小学生1年生から6年生までの総勢200名でのクリニックでした。今回で6回目の開催でしたが、私が一番感じたのは、トリプルスレッドや基本姿勢がすごく浸透しているなという事です。バスケの指導も、1日目は基本メニュー、2日目は応用メニューと2日間行いましたが、常にトリプルスレッドや基本姿勢を意識して一生懸命取り組んでくれて嬉しかったです。

小学生のうちからしっかり身体の使い方や動きを身につけて、怪我をしない身体を作っていき、どんどんパフォーマンスを上げていってほしいなと思います。応援してますので頑張って下さい!

 

 

クリニックの様子

開講式前に指導者方々とミーティング。指導ポイントの説明とお手伝いのお願いをしました。

メディカルチェックの様子

栄養講習(明治製菓)

ストレッチ講習

最後には7人の選手たちが質問をしてくれました。その勇気に感心!

閉講式終了後、自主的にラインテープを剥がして現状復帰のお手伝い選手たち。エライ!

2017/01/06
【Q&A】ドリブルがうまくなる方法と、キャッチの手の治し方、シュートの飛距離を伸ばす方法を教えてください。
ワンポイントアドバイス

Q.
ドリブルが下手で、特に非利き手である左手のドリブルが、とても苦手です。
キャッチの手も癖がついてしまっているし、パスも弱く、シュートは3Pは、届かない時もあります。
ドリブルがうまくなる方法と、キャッチの手の治し方、シュートの飛距離を伸ばす方法を教えてください。本当にヘタで、本当に本当に悩んでいます。助けてください。

ペンネーム ここ

A.

ご質問ありがとうございます。
ドリブルの非利き手が苦手と言うことですが、得意な方は無意識のうちに使っているので自然と上手になります。
そのため、苦手側は利き手よりも意識して練習するようにしてみてください。
苦手な方から練習するとか利き手より毎日倍練習するとか利き手よりも意識して練習してみてはどうでしょう?
そうすることで慣れてきてますよ!

パスではキャッチの時に癖がついてしまっているとの事ですが、パスキャッチには軽く手を伸ばしておく準備が必要ですよね。
そのとき膝を伸ばして突っ立ってはいませんか?次の動作にすぐ行けるように重心を下げて(トリプルスレットの姿勢で)待ち、両手でキャッチと同時に手首を柔らかくスナップをきかせる(ボールを引きつけながら手首を反らせる)。
パスの時は、腰移動(重心移動)しながら、身体全体を使ってパスをしていくと弱いパスではなくクイックパスができると思います。
サイドでのプッシュパスなども同じですが、キャッチ後ボールの移動を速くしてディフェンスからボールを取られないようにしてくださいね!

3PSも手だけで打っていませんか?手だけとか身体の伸びがバラバラだと飛距離は伸びないです。
膝を柔らかく曲げトリプルスレットの姿勢から全身を使い一連の動作で下から上に上がっていく感じでシュートを打ってみてはどうでしょう?
ぐっと上に上がる力を使いシュートすることで飛距離は伸びますよ!

今とても悩んでいるようですが、始めは誰でもできないことからのスタートです。
そこから、こうなりたいとか上手くなりたいと思いみんな一所懸命になります!!!
私もそうでした!小4の時になんとなく始めたバスケでしたが、面白くなりバスケの虜になってからは、上手になりたいと沢山練習しました。
だから、下手だと諦めないで、ここからがスタートです!!!
ワンポイントアドバイスに質問をしてくださったのも上手になりたいからですよね!
その気持ちがあれば大丈夫!
また、悩んだり迷ったときにはご連絡くださいね!

回答者:みち(岩屋睦子)