2012/10/04
第5回八戸バスケットボールクリニック報告 【ユカ編】
クリニックレポート
八戸クリニックに行ってきました(8月18、19日)。
朝早い新幹線だったのでちゃんと起きれるか不安でしたが、緊張もあり目覚ましにすぐ反応し無事に時間通り出発することができました!
八戸のクリニックは今回で5回目です。ミチ(岩屋睦子)がメインコーチで私はアシスタントとして。

1日目はボールを使っての基本姿勢、基本姿勢からのドリブル→ストップ→ターンとバリエーションをいれ、足の使い方、上体の使い方をしっかり意識してからボールミート、シュート、1on1と行われました。みんな真剣に聞いて一生懸命に頑張ってくれました!
最初、特に小学生はボールを使っての動きからスタンスをとるのがやっぱり難しくてスムーズにできなかったり、ドリブルに意識がいってしまい軸足がズレていたり、足をどう出していいのか迷ったりする場面がありましたが、確認しながらやっていくうちにどんどんよくなっていきました。
これは何度も繰り返し練習して体に覚えさせていくことが大切です!

中学生は前回も経験してる選手も多く、復習をしていくような状況でした。ミチが全体指導を進めていく中で、私はつま先や膝の向き、柔らかく着地することなど足の使い方を特に意識してアドバイスしました。
私自身が選手時代、膝の怪我に何度も何度も苦しめられてきたので、正しい足の使い方でプレーができることで、動きがスムーズになるのは勿論ですが、子供達の怪我予防にも少しでも繋がっていったら嬉しいなと思うからです。
子供達がこのクリニックを機会に、足の使い方を意識せずに自然とプレーに繋げていけるようになることを願っています!

2日目は中学生のみのクリニック。
1日目の確認をして、パス、パスランドリル、そして3人の動き→3on3、速攻のパターン練習。
より実践的な練習になったので、私達も1日目のような基本姿勢、足の使い方を意識しての指導は少なくし、バスケの指導に専念する形となりました。
基本が中心ではありますが、色んなパターンを紹介できたのではないでしょうか!

2日目の朝はクリニックとは別に50分間の質疑応答がありました。

ちゃんと答えられるかドキドキでしたが、選手時代の経験から得たことで答えさせて頂きました。私達も先生方がどのようなことを聞きたいのかを知るいい機会にもなりました。先生方もメモをとられたりして、熱意を凄く感じました。 夜の食事会、そして帰りの八食センターでの買い物、ミチが保冷バック持参で気合いをいれて買い物をする中(笑)、私は時間が余り1人で八戸ラーメンを食べてたり…バスケ以外でも楽しませて頂きました!
aussie casino online title=”__” src=”http://torerinbbc.com/wp-content/uploads/2012/09/jpg-225×300.jpg” alt=”” width=”225″ height=”300″ />

なかざわスポーツクリニックを始め小野寺先生、北山先生等々、沢山の方にお世話になりました!ありがとうございました。